『シュタインズ・ゲート ゼロ』 第22話 真帆たんの 約束された勝利のポーズ

アニメ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』 第22話 真帆たんの 約束された勝利のポーズ

まさかの失敗・・・

「もう諦めないってきめたのにな・・・」

さすがに3000回もタイムリープしてにも関わらずタイムマシンを破壊されて心が折れてしまったオカリン。

「科学者なら可能性が0でない限り諦めるべきではない」

真帆タンとクリスに励まされるオカリン。

どんなときでもお前たちラボメンは助けてくれるんだな・・・

オカリン「フゥッ!」

真帆「フ?」

オカリン「フワァッ!ハハハハハハハハッ!愚かな、あくまでこれは、機関を油断させる為のえぇぇんぎ(演技)にすぎん。」

ここの真帆タンのドン引き具合が半端ないですねw

いったいどうすれば・・・

ことの状況を整理することに

 

「ティーナ言うな」いただきました♪

真帆話してて恥ずかしくならないの?」

オカリン「な・・・ぐっ・・・・。」

オカリン「そんな事は分かっている・・・。俺だって恥ずかしくない訳が・・・。」

オカリンまさかのいままで恥ずかしかったのw

意外な一面ですねw

ダル「だけど、ついさっき仏頂面で出て行ったと思ったら、まほたんと一緒に帰ってきていきなりそのテンション・・・。いったいなにがあったん?なにしてもらったのおかりーーん!ちゅっちゅか?ちゅっちゅなのか!?」

今日の鳳凰院凶真はこちらです

鳳!凰!院!凶!真DA!

約束された勝利のポーズ

「でたーーーーー!!!
真帆たんの
約束された勝利のポーズ!!!」

真帆たん届かないのかわいすぎる!

でもオカリンさすがに抱っこはまずいだろw

てか真帆タンの脇に手を・・・・

↓足台にされる本達

原因と解決策

ヘリの正体はロシアである

ロシアにタイムマシンのことがばれたのは中八教授が原因であることがわかったが

論文自体はクリスが書いている。

Dメールを使ってしまうとセルンにばれてしまいα世界戦へいってしまう。

解決策はアマデウスそのものを無かったことに…

だがそれだと・・・

またおまえが犠牲に

クリスを犠牲にしてきた世界線であるのに

またクリス(アマデウス)を犠牲にすることをためらうオカリン。

私はプログラムだから・・・

 

戦争のために私は作られたのではない

オリジナルを救うために存在したい

そうまた背中を押されオカリンは決断をする

そして物語はすすむ

アマデウスをなかったことにすることを決意したオカリン。

「Der Alte würfelt nicht」(神はサイコロを振らない)

真帆タンが言ったアマデウスを止めるパスワードは、アインシュタインの名言だそうです

「先輩、鳳凰院凶真のこと、よろしくお願いします!

真帆の制御コード言うところ泣ける。

クリスなんでそんなつらいのに笑うんだよ・・・

来週に向けての回でしたが涙腺崩壊でしたね

1週間後とかながすぎ!

コメント