【ソードアート・オンライン アリシゼーション】第1話 感想 重要なフラグはもうでてきている!?

アニメ

【ソードアート・オンライン アリシゼーション】第1話 感想 重要なフラグはもうでてきている!?

第1話 アンダーワールド

待ちに待ったSAO第三期^^

楽しみですね~先行PV何回もみてしまいましたよ☆

しかも1時間拡張だと・・・ヤッホー(ノ^∇^)ノ

蒔き割り?

ユージオ『50!』

キリト『いい音がしたのは50回中3回だったな。えっと…全部合わせて41回か』

キリト『どうやら今日のシラル水はそっちの奢りだぜ。ユージオ』
ユージオ『ふん。そっちだってまだ43回じゃないか。すぐに追いつくよ』

ユージオ『そら。お前の番だぞ。キリト』

キリト『1年と3か月…毎日これだけ斧を振るってるのに。やってられないなぁ』

キリト『なんでそう優等生なんだ?もうちょっとこの理不尽な役目をなんとかしようと悩め!』

ユージオ『な…何する…やめ…』

ユージオ『こいつ!そらおかえしだ!』

アリスちゃん登場

アリス『こらー!またさぼってるわね!』

 

アリスちゃんきましたぁぁぁぁ~可愛いですね^^

 

アリス『喧嘩する元気があるならガリッタさんに言って刻む回数増やしてもらった方がいいかしら?』

キリト『や…やめてそれだけは…』

アリス『冗談よ。さ、早くお昼にしましょう』

ユージオ『今日のパイはおいしいな~』
キリト『うんうん。大分腕が上がって来たみたいだなアリスも』

キリト『それにしても折角のうまい弁当なんだからもっとゆっくり食べたいよな。なんで暑いとすぐ悪くなっちゃうんだろう』

キリト『冬なら生の塩漬け肉を外に放っぽっといても何日だってもつじゃないか』
ユージオ『そりゃ冬は寒いからね』
キリト『そうだよ!なら寒くすればこの時期だって弁当は長持ちするはずだ!』

キリト『氷だ!氷が十分あれば弁当を冷やせる。そしてうまい弁当をいつまでも食べられる!そうだよ氷だよ!氷を探しに行こう!』

キリト『ベルクーリと北の白い竜。英雄ベルクーリがルール川沿いに北に進んだ果ての山脈の洞窟で財宝の山とその上で眠る巨大な白竜を見つける』

キリト『そして宝の中から美しい剣を手に取る。その途端…』

キリト『あの話だと洞窟に入ってすぐでっかいつららが生えてただろ?そいつを持って来れば』

ユージオ『あのね。知ってるだろ?村の掟では…』

アリス『村の掟は大人の付き添いなく子供だけで果ての山脈に遊びに行ってはならない、よ。でも氷を探しに行くのは遊びじゃないわ。お弁当の天命が長持ちするようになれば村のみんなが助かるでしょ。だからこれは仕事の内だと解釈すべきだわ』

ユージオ『でもさ。果ての山脈に行くのは村の掟だけじゃなくてあれでも禁じられてるだろ』

ユージオ『決まってるだろ。禁忌目録だよ』

アリス『禁忌目録第3節11項。何人たりとも人海を囲む果ての山脈を超えてはならない。超えるっていうのは果ての山脈の向こう、ダークテリトリーに入ることだわ。洞窟に入ることは含まれないわよ』

キリト『よし決まり!次の安息日は白竜!じゃない。氷の洞窟探しだ!』

洞窟探検!!

キリト『まったく…荷物は俺らに持たせるのか?』
ユージオ『まぁいいじゃない。こうやってアリスと出かけられるのも今だけかもしれないよ』
ユージオ『アリスは村長の娘だから。これからはもっといろいろな勉強に時間をとられちゃうだろうし』

アリス『こら!何二人で内緒話してるのよ!』

キリト『そういや知ってるか?この村ができたばかりの頃はたまに闇の国から悪鬼、ゴブリンだのオークだのが山を越えてきて羊を盗んだり子供を攫ったりしたんだぞ』
アリス『何よ。私を怖がらせようとして』

アリス『知ってるわよ。最後には王都から整合騎士が来て退治してくれたんでしょ?』
霧と『それからというもの晴れた日には果ての山脈をずっと上を飛ぶ白銀の竜騎士が見えるようになったのです!』

キリト『お…』

アリス『まさか…ね』

アリス『とにかく中に入ってみるしかないようね』

アリス『システムコール。ジェネレート・ルミナス・エレメント。アド・ヒア』

この世界にも魔法みたいのはあるみたいですね^^

アリス『ユージオ。ちょっと灯りを近づけて』

アリスちゃんの息ぃぃぃ!!是非吸い込みたいです

アリス『ほら。見えたでしょ』
キリト『ほんとかよ…道理でさっきから寒いと思ってたんだ…』
アリス『外は夏だけどこの洞窟の中は冬なんだわ。きっと氷だってあるはずよ』

ユージオ『あ…これ氷だ!あった!あったよ氷!』

ドラゴンさん不在のようです

キリトなんだよこれ…なんなんだよ…これ…』

キリト『白竜の…骨?』
アリス『死んじゃったの?』

キリト『これは剣の傷だ…この竜を殺したのは人間だ!』

アリス『これもしかして…』
キリト『ああ。ベルクーリが盗み出そうとしたっていう青薔薇の剣だろうな』

キリト『駄目だ…重すぎる。ユージオと二人がかりでもとても運べないよ』

キリト『他にもいろいろお宝があるみたいだけど…』
アリス『うん。持って行く気にはならないわね。墓荒らしみたいだし』

キリト『でも氷くらいならきっと白竜も許してくれるよな』

ユージオ『そろそろ戻らないと…夕方までに帰れなくなりそうだ』

アリス『そうね。ねぇ…私達どっちから入ってきたんだっけ?』

アリス『もう随分歩いたけど…やっぱり反対側の道だったのかしら?』

キリト『近い方だからってこっちの道を選んだのアリスだろ…』

アリス『ん?何か言った?』

キリト『いや何も…』

ユージオ『出口だ!』

あれほど行くなといったのに…フラグ回収

ユージオ『ここは…』
アリス『ダーク…テリトリー…』
ユージオ『駄目だ…これ以上進んじゃ…』

ユージオ『駄目だ!』

ユージオ『アリス!』

(禁忌目録第3節11項。何人たりとも人海を囲む果ての山脈を超えてはならない)

 

アリス『わ…私…』
ユージオ『大丈夫だよアリス…洞窟から出たわけじゃない…そうだろ?そうだよなキリト?』

システム『シンギュラーユニット。ディテクティブ。IDトレーシング』

システム『コーディネートフィクスト。リポートコンプリート』

アリス『明日のお弁当、楽しみにしててね』

翌日

ユーシオ『おいキリト!』
キリト『ああ…昨日の整合騎士だ…』

騎士『ガスフト・ツーベルクの子、アリス・ツーベルクを禁忌条項抵触の咎により捕縛・連行し審問の後処刑する』

騎士『罪状は禁忌目録3節11項、ダークテリトリーへの侵入である』

キリト『ユージオ。俺が斧で打ちかかる…その隙にアリスを連れて逃げるんだ!』
ユーシオ『キリト…でもそれは…』

キリト『禁忌が何だ!それはアリスの命より大切な事なのか!』

キリト『ユージオ頼む!行ってくれ!』

ユージオ『あ…』

ユージオどうしちゃったんだ!?まるで厨二病じゃないか!?

キリト『アリスー!!』

GGO

シノン『出番よ!援護する!』

 

シノンさんまさかのグレネード打ち落とすとか半端ねぇぇぇ!!!!

アスナ『任せて!!』

アスナも銃弾斬れるのかよぉぉぉ!!

ボス『タイムアップか…全チーム後退…離脱しろ』

男『あれが今日最後の獲物だろ?負け戦で終わってもいいのか?ボス』

ボス『いくぞ…』

謎のスコードロン

『いやぁ~噂には聞いていたけどハードなゲームだなGGO』

シノン『さっき戦ったスコードロンは異常だわ…』

シノン『フィールドで孤立しているスコードロンを襲って皆殺しにして…消える…』

シノン『で、とことん変則的なスタイルなら勝てるかもってみんなに協力してもらったんだけど…』

シノン『アスナ…実は手伝ってほしいことが…』

シノン『大体の相談内容は今晩メールしておくから』

相談

シノン『年末の第5回で協力してもらおうと今日はお呼びだてしたの』

あすな『やっほーシノのん』

少し怖いよ…アスナさん

アスナ『痩せたんじゃない?』

アスナ『体に異常はないみたいだけど…』

シノン『何?見てるの?』

シノン『これもしかしてキリトの…』

アスナ『いや~なんか和むのよねこれ見てると…』

アスナ『キリト君の心臓が動いているって思うとちょこっとトリップしちゃうっていうか…』

シノン『うわぁ~なんかそれ危ないよアスナ…』

フラクトライトアセクラレション

キリト『テストしているのは、新型フルダイブシステムのブレインマシンインターフェイスそのものなんだ…』

キッリト『開発しているのはラース…』

シノン『聞いたことない会社ね…』

アスナ『鏡の国のアリスに出てくる空想上の生き物と同じ名前ね…』

シノン『中の世界はどんな感じなの…?』

キリト『知らないんだ…VR世界内部の記憶は現実世界には持ち出せないんだ…』

キリト『人間の心ってどこにあると思う? 』

シノン『頭…脳でしょ…?』

キリト『脳細胞含めた細胞にはその細胞を支える骨格がある…マイクロチューブルって言うらしいんだけど』

キリト『チューブ…中空の管なんだ…その中には封じ込まれているものがある…光だ』

キリト『それこそが人間の心なんだそうだ』

キリト『その人間の心かも知れないものをラースではこう呼ばれている…フラクトライト…』

キリト『フラクトライトを呼ぶのがソウルトランスレイター(STL)って言うことなのね』

キリト『STLはフラクトライトの短期的な記憶を書き込むことで見せたいもの聞かせたい音の情報を与える

キリト『ニーモニックビジュアルデータというらしい』

キリト『STLは人が数分間のうちに何時間の夢を見るように実際のダイブ時間の数倍の時間を仮想世界で体感できる』

キリト『それがフラクトライト・アセクラレーション…略してFLAだ』

キリト『アリスって聞いてなにか思い出しそうなんだけど…』

キリト『何か今すぐやらなきゃいけないことが…』

リア充爆発ならず死亡!?

キリト『アスナ…俺…やっぱり行こうと思う』

アスナ『アメリカ?』

キリト『そ、それで…俺と…俺と一緒に来てほしいんだ』

キリト『俺…アスナがいないとダメだ!』

アスナ『もちろん…行くよ一緒に』

アスナ『君の行くところならどこにだって…』

まさかのゲームのやりすぎw

ジョニー『あの・・・駅はどっちのほうですか?』

キリト『おまえカフェのそばにいたな』

ジョニー『やっぱ不意打ちはないか…』

キリト『誰だ!?』

ジョニー『俺が根性見せないとじゃん~ラフコフ最後の一員としてさ』

ジョニー『NA・I・YO!KEN・NA・I・YO!』

ジョニー『毒武器あるよ』

キリト『アスナ!逃げろ!!』

アスナ『キリト君!!!!』

最後に

一時間なんてあっという間でしたね・・・・

30分だと「…ん?」ってなってたかもw

設定説明ばっかで把握がなかなか難しいよw

誰か優しく教えてw

後半はGGOにみんな出てきてくれててよかった^^

第5回バレッツも後々やるのかな?

楽しみですねヽ(^▽^@)ノ

コメント