【はたらく細胞】第5話 感想 この時期は私もつらいです。

アニメ

【はたらく細胞】第5話 感想 この時期は私もつらいです。

第5話 『スギ花粉アレルギー』

そらち
今日ははたらく細胞5話を見たので感想を書きたいと思います。
血小板ちゃん
今日はスギ花粉のお話なの
そらち
私も花粉症ひどいんだけど、体内ではこんなことが起こっていたなんて・・・

スギ花粉

冒頭から緊急事態です!

なにやら粘膜に接近してきています。

その正体はスギ花粉でした。

マクロファージさんもお茶会をしていたのに困ってしまいます。

来襲

赤血球は今日も酸素を運んでいました。

そらち
うしろwうしろw

突如現れたスギ花粉に襲われそうになりますが、毎度おなじみ白血球に助けられます。

白血球は食作用といって、体内に取り込むことによって、分解してくれる作用があるみたいです。

するとそのに現れたのが記憶細胞でした。

なにやら言い伝えがあるらしく、それによると大災害の予兆だというのです。

続々と侵入してくるスギ花粉たち・・・・

B細胞大活躍のはずが・・・?

大量のスギ花粉ですがB細胞の’lgE抗体’活躍によって次々撃退していきます。

大量のlgE抗体に混乱してしまうマスト細胞ちゃん。

そらち
今日も可愛いね^^。

lgE抗体の量にあわせてヒスタミンを出さないいけないようです。

花粉症の症状

上空からなにやら大きな吹出口が・・・・

大量のヒスタミンが流れ、大洪水に!!

 

ヒスタミンが引くとそこにはまたスギ花粉が・・・・

するとまたヒスタミンが大量に流しだされます。

大量のヒスタミンを止めさせるようにマスト細胞に呼びかけますが

あくまでマニュアル通りだからと頑固曲げる気がありません。

そして分泌中枢がやられ制御不能へ・・・

そうこれが鼻水。鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、涙なのです。

 

そらち
このころもう死にそうになっているよw

細胞たちは、B細胞のせいでこんなことになったと言い始めますがヒスタミンを流したのは

マスト細胞だからあいつのせいだと、いい始めます。

薬用

するとなにやた赤血球が何かを運んできました。

薬用と書いてあるが本人も何だかわからないようです。

すると中から・・・

血小板ちゃん
ロボットでてきたの~^^

球体から出てきたロボットはすべてを破壊するかごとく攻撃をはじめます。

こいつはステロイドといい、ヒスタミンの症状そのものを抑える役割があります。

 

全てを破壊し終わるとステロイドは止まるのでした。

お薬はほどほどに

さいごに

そらち
薬の力は偉大過ぎた・・・。
血小板ちゃん
ロボットかっこよかったの~^^
そらち
これ見ちゃうと薬飲むのためらうな~。でも花粉症辛たんだか飲んじゃうけどw
そらち
では5話の感想のでした!ではまた来週☆
血小板ちゃん
バイバイ菌~^^

コメント