【はたらく細胞】 第4話 感想 それぞれの役目!

アニメ

【はたらく細胞】 第4話 感想 それぞれの役目!

第4話 『食中毒』

そらち
今日ははたらく細胞4話を見たので感想を書きたいと思います。
血小板ちゃん
今日は胃のお話なの

胃のお勉強をしている赤血球ちゃん。

迷子になるだけじゃなくてお勉強もがんばっています。

すると、白血球のレセプターに反応が!

近くに最近がいる模様です。

探しているとすでの一人の少女が最近と交戦中に・・・

苦戦していたのですが白血球があっさり倒してしまいます。

好酸球

戦っていた少女は白血球の知り合いだした。

白血球の仲間で好酸球といいます。

ツインテのあいつ、マジで白血球なの?
菌に負けてたじゃん…

ふと、後ろから聞こえた会話

好酸球は気にしないと言っていますがいい気分ではありません。

腸炎ピプリオ

緊急事態発生――

大きな揺れと共にアナウンスが場内に流れました。

そして現れたのは杉田智和。少し厨二病の症状が出ているようで何を言っているかよくわかりません。

そらち
今日の血小板ちゃん。杉田もフィニミストだったか

 

揺れの原因は腸炎ピプリオでした。

海水中にいる菌である。食中毒の原因である。

好戦の白血球だが好酸球を助けていると

腸炎ピプリオに食べられてしまいました。

そらち
ホラーだ・・・もうどっちが化物かわからないよ・・・

解決?

白血球の活躍で解決と思いきや揺れはまだ収まっていません。

ラスボスのアニサキスが登場しました。

あぁぁぁぁ!1146番が声だけでふっ飛ばされたー!

白血球は秒殺です。

新の役割

立ち上がったの好酸球。

細菌もろくに倒せない奴が敵うわけないだろ!

そう。細菌もろくに倒せない好酸球ですが本来の仕事は

寄生虫を駆除すること!

見事に寄生虫を退治した好酸球。みんなの声援に照れてしまいます。

こうして――好酸球の活躍により、アニサキスの驚異から、この世界を守ることが出来たのだった

最後に

そらち
いい話でしたね。適材適所!一人じゃできなくてもみんなで役目をこなして成し遂げれましたね。
血小板ちゃん
笑ったお姉ちゃん可愛かった♪
そらち
では、第4話の感想は以上になります。
血小板ちゃん
バイバイ菌~☆

コメント