【はたらく細胞】第3話 感想

アニメ

【はたらく細胞】第3話 感想

第3話 『インフルエンザ』

そらち
今日ははたらく細胞3話を見たので感想を書きたいと思います。
血小板ちゃん
今日もお兄ちゃん達とお姉ちゃん達はがんばって働いているの

インフルエンザウイルス

薄暗い路地にある少年が見回りをしていました。

なんだか薄気味悪いなと、思っていると人の気配が・・・

すると、目の前にゾンビが!!!!

ゾンビに襲い掛かれているところを白血球が助けてくれます。

ナイーブT細胞

話を聞いてみると、キラーT細胞の新米だそうです。

先輩に言われて見回りに来ていたそうです。

ゾンビだと思っていたものはインフルエンザウイルスでした。

奥からどんどん出てきます。

するとマクロファージも登場しました。

そらち
姉御きたー!!

華麗にインフルエンザウイルスを蹴散らしていきます。

そらち
きれいなだけじゃなく強いんですね

キラーT細胞も合流し、みんなインフルエンザウイルスを退治することに

しかしキラーT細胞達は何もできなかったナイーブT細胞を馬鹿にします。

ウイルス感染

インフルエンザウイルスの大群が押し寄せる中

キラーT細胞達は立ち向かいます。

しかしナイーブT細胞は棒立ち・・・

自分にはできないと逃げ出してしまいます。

キラーT細胞達の過去

戦線離脱してしまったナイーブT細胞・・・

するとそこへ樹状細胞が。

話を聞き、ナイーブT細胞へ昔話をします。

そう、今でこそ大活躍しているキラーT細胞ですが昔はみんな失敗ばかりを繰り返していました。

先輩たちもみんな始めは弱かったんだ・・・

勇気付けられたナイーブT細胞。すると体が光だしました。

増殖

すごい速度で増力していくインフルエンザウイルス。

じわじわと追い込まれていくキラーT細胞達。

苦戦を強いられます。

新たなる力

勇気付けられたナイーブT細胞は、エフェクターT細胞へ変化を遂げました。

さしてさらなる援軍。B細胞がきてくれました。

これで形勢逆転!

インフルエンザの症状

そらち
体調不全は細胞達が菌と戦ってくれてるから起こっていたんだね

エフェクターT細胞とB細胞の活躍によりインフルエンザウイルスを倒すことができました!

解決を思いきや・・・

なんだまだ生き残りがいるじゃないか

任せてください!と走りだすエフェクターT細胞。しかし・・・・

そう。さっきまでのやつはB型、新たに現れたのはA型・・・

彼らの戦いはまだ続くのであった。

最後に

血小板ちゃん
今日は私達の出番あんまりなかったの(´・_・`)
そらち
元気だして血小板ちゃんサムネ血小板ちゃんにしといてあげるから
血小板ちゃん
わーい
そらち
では次回は4話の感想で!
血小板ちゃん
バイバイキーン

コメント