【はたらく細胞】第10話 『黄色ブドウ球菌』感想 乙女の秘密

アニメ

【はたらく細胞】第10話 感想 乙女の秘密

第10話 『黄色ブドウ球菌』

そらち
今日ははたらく細胞10話を見たので感想を書きたいと思います。
血小板ちゃん
今日は単球さんのお話なの

今日の血小板ちゃんその1

今日も赤血球ちゃんは頑張ってはたらいるようですね^^

血小板ちゃん「工事中です!ご迷惑をお掛けしてます!」

血小板ちゃん「あ、赤血球のお姉ちゃん!こんにちはー!」

血小板ちゃん「またやられた!」

フラブ回収率良

 

先輩「お!一人で頑張ってるじゃない」
赤血球ちゃん「あ!せんぱーい!」

赤血球ちゃん「成長したみたいね」

先輩「頑張ってね。でもまだ心配ね…ホントに一人で大丈夫?」

  「危ないものには近付かないで逃げるのよ

赤血球ちゃん「大丈夫です!そう何度もトラブルに遭遇してばかりの血球なんていませんよ!ははは!」

「た…助けてぇぇぇ!! 誰かー!」

半端ない速度でフラグ回収していきましたねw

コマ変わったらもう回収ですよw

(はっ!今…私、避けられた!?)

『もしかして…私逃げ切れるかも!』

ドジッ子神回避で浮かれる赤血球ちゃん

だが・・・

『って!行き止まりだぁぁぁ!!』

即効フラグ回収しますねw

謎の人に助けられる

「ぐぉぉぉぉ!やーらーれーたー!」

白血球「抗原!」
赤血球ちゃん「ひょぇぇぇぇ!!」

白血球「はっけーーん!」

久しぶりに思いましたがやっぱり白血球って病的ですねw

ふつうにヤバい人ですよw

白血球「抗原はもう駆除されたのか?」

単球さんの生態

ゴルフの練習したり・・・

くるくる回ったり・・・

足湯でうとうとしたり・・・

牛乳飲んだり・・・

おっさんやなw

今日の血小板ちゃんその2

赤血球ちゃん「お!血小板ちゃん!また会ったね!」

血小板ちゃん「あ!赤血球のお姉ちゃん!」

赤血球ちゃん「あーなに食べてるの?美味しそう!」

黄色ブドウ球菌再来

ブドウ「こんにちはー!細胞の皆様!あたしたちはー!黄色ブドウ球菌!」

ブドウ「酸素も栄養素もぜーんぶ私たちのモノよー!」

白血球「今度こそ抗原はっけーん!」

今日の血小板ちゃんその3

血小板ちゃん「みんなー!凝固因子も忘れないようにねー!」

血小板ちゃん「はーーい!」

ブドウ球菌秘策

白血球A「見ろ、残すはあいつらだけだ!」

白血球B「このままいけるぞ!」

白血球A「また新しい黄色ブドウ球菌か…」

白血球B「必ず俺たちが倒してやる!」

白血球B「仲間全員…殺されるのがオチだ!」

ブドウ「果たしてそうかしらぁ?」

ブドウ「黄色ブドウ球菌…合体!」

白血球「奴ら…まるでブドウのように!」

ブドウ「これに見覚えあるかしら?そう!フィブリン!」

赤血球ちゃん「傷口を塞ぐ時、血小板ちゃんたちが作ってくれた奴?」

血小板ちゃん「うん、そうだよ」

ブドウ「そうよコアグラーゼ。今の私は防御力も攻撃力も段違いの無敵状態!なのよ」

単球さんきてくれた。。。あれ?

赤血球ちゃん「あ、あの人!」

血小板ちゃん「単球さんたちだ!」

血小板ちゃんA「来てくれたんだー!」

単球「あらやだ、ここから血管の外なのね~」
赤血球ちゃん「えっ!?」

単球「皆さーん、衣装チェンジしますわよ~」
 「はーい!」

赤血球ちゃん「…そ、その…声…」

アングリ

マクロファージ「さぁ皆さん、力技でゴリ押すわよ~!」

赤血球ちゃん「おぉ…!」
血小板ちゃん「つよーい!」
血小板ちゃんA「カッコいいー!」

あっという間に黄色ブドウ球菌達を蹴散らしちゃいましたね

マクロファージ「お役に立てて何よりですわ~!なんちゃって!」
マクロファージA「やだ~」
マクロファージB「それは単球の時の合図でしょ!」

マクロファージ「単球の時の合図だったわね!」
赤血球ちゃん「あ、あの…」

赤血球ちゃん「マ、マクロファージさんって…単球さんと同一人物?あ、いや!あの中にどうやって…あ、いやー!あの腕っぷしは…」

マクロファージ「乙女には秘密の一つや二つ、あるものよ」

最後に

そらち
まさかの展開でしたね・・・単球の中の人がマクロファージだったなんて。。。
そらち
あれじゃあゴルフの練習してたり、うたた寝してたのって・・・
血小板ちゃん
乙女の秘密なの!それ以上はいったらお姉ちゃんに行っちゃうからね^^
そらち
あぁ・・・いや気のせいだな。
血小板ちゃん
では今回はこの辺でバイバイ菌~♪

コメント